週刊文春 電子版

「9・11から20年を振り返る」|池上彰

池上彰のそこからですか!? 第492回

池上 彰

連載

ニュース 社会 政治 国際

 まもなく9月11日がやってきます。20年前のこの日、反米テロ組織アルカイダのメンバー19人によって乗っ取られた4機の航空機が、ニューヨークの世界貿易センタービルやワシントンの国防総省の建物などに突っ込み、多数の死者を出しました。これが同時多発テロです。

 これに怒った当時のジョージ・W・ブッシュ大統領(息子)は「テロとの戦い」を標榜して、アフガニスタンを攻撃。さらにイラク攻撃へと戦線を拡大し、米軍に多大の犠牲者を出しました。いったんはアフガニスタンのタリバン政権を崩壊させながらも、その後の処理に失敗。タリバンは生き延びました。

 いったい何が悪かったのか。結果論にはなりますが、アメリカの失敗を振り返ってみましょう。

 同時多発テロが起きる前、CIA(中央情報局)の各地の支局から、アルカイダの指導者オサマ・ビンラディンがアメリカに対する大規模なテロを計画しているという情報が寄せられていました。もちろん日時や攻撃対象などは不明でしたが、事前に取っておくべき対策があったことが、事件後になってわかります。

 たとえば、ハイジャックされた飛行機の乗客名簿を確認したところ、アルカイダのメンバーだと判明している2人が搭乗していたことがわかりました。CIAが把握していた情報がFBI(連邦捜査局)に送られていながら、その後の対策が取られていなかったのです。そのうちの一人は、CIAがFBIに情報を送った後でアメリカに入国していました。FBIが直ちに全国の入国管理のコンピューターシステムに「入国を拒否すべき人物」として登録していれば、入国を防げたのです。また、全国の航空会社に対し、「搭乗を拒否すべき人物」として通告しておけば、少なくとも1機の航空機はハイジャックされないで済んだでしょう(スティーブ・コール著、笠井亮平訳『シークレット・ウォーズ』による)。

 次に、事件後の対応について。ブッシュ大統領は、ニューヨークの世界貿易センタービルの倒壊現場に赴いたのち、「テロとの戦い」を宣言します。ここまでは問題ありませんが、このとき大統領は、「これからは十字軍の戦いだ」と口走ったのです。ブッシュ大統領は、熱心なキリスト教徒として「十字軍」にプラスのイメージを持っていたのかも知れませんが、十字軍が過去に何をしたのか、歴史を知っていれば、こんな発言は出て来なかったはずです。十字軍は、キリスト教徒が「聖地エルサレム奪回」を叫んでエルサレムを攻撃した出来事でした。多数のイスラム教徒を虐殺しています。イスラム教徒にとって十字軍とは、「キリスト教徒による一方的な攻撃」だったのです。

 ブッシュ発言は、イスラム過激派にとっては願ってもない言葉でした。「テロとの戦い」として米軍がイスラム過激派を攻撃しようとすると、過激派は「十字軍による攻撃だ」と宣伝できるようになりました。キリスト教社会とイスラム教社会の分断につながったのです。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月16日号

文春リークス
閉じる