週刊文春 電子版

「“投票”の結果は…」|杉本昌隆

師匠はつらいよ 第21回

杉本 昌隆
ライフ ライフスタイル

 プロ野球オールスターゲームやAKB選抜総選挙など、投票で出場者を決めるイベントはファンも一体感があり楽しいものだ。

 実績ある実力者を選ぶもよし、人気の若手を推すのもよし。同郷というのも応援する立派な理由になる。選ばれる選手だって、ファンの応援が直に活躍の場に繋がるのは嬉しいはず。

 実力が全ての将棋界には無縁の制度……ではなかった。そんな祭りが将棋界にも来た! 新たに創設された準公式戦「SUNTORY将棋オールスター東西対抗戦2021」がそれだ。

 予選とは別に、東西から2名ずつのシード棋士をファン投票で選ぶ。対象者はエントリーしている現役棋士全員で、投票はWEB上から一日1回で東西1人ずつ。選ばれた棋士は大変な名誉だが、ファンは誰に投票するか迷いそうだ。

「タイトル保持者の藤井聡太、豊島に入れるか……え? 1回に1人にしか投票できないの?」

「それなら日替わりで交互に投票すればええやん」

「他に選びたい棋士もいるし、同時に関東も選ばないとあかんし迷うわ」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月23日号

文春リークス
閉じる