週刊文春 電子版

非必須ミネラル

第452回 人生エロエロ

みうら じゅん

連載

エンタメ 芸能

 人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた。

 先日、紀伊國屋書店新宿本店の1階にある化石や鉱物を扱ってるショップに入った。かつても何度か店内を物色したことがあるが、それを買う目的で入るのは初めて。今回はその経緯と理由を説明しようと思う。

 初放映が'68年、というと僕は当時、小4。父親に至ってはそのアニメに登場する“一徹”と同じくらいの歳ではなかったろうか?

 土曜の夜は居間のテレビの前で、並んで座り『巨人の星』を夢中で観てた。

 そして、番組が終ると父はグローブとボールを持って表の道に出る。僕も自分のグローブを握り、その後に続いた。

“バシーーン!!”

「もっとド真ん中に投げんかい!」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月30日号

文春リークス
閉じる