週刊文春 電子版

「圭吾ってそんなキャラだっけ」和光学園同級生が「いじめ告白インタビュー」に抱いた“違和感”

検証ルポ「小山田圭吾事件」 #2

中原 一歩
ニュース 社会 メディア 音楽

※連載第1回(「コーネリアス」にも「渋谷系」にも興味がない私が小山田圭吾にインタビューした理由)を読む

「ブギー・バックマンション」で 

 東京の世田谷、目黒を抜けて、東京タワーへと続く一本の都道がある。数年前まで、私はこの通り沿いの年季の入ったマンションの一室に居を構えていた。部屋は40平米ほどのワンルーム。窓の向こうに、すっくとそそり立つ東京タワーを眺めることができた。

 マンションの古参の住人から、私の部屋にかつて大物ミュージシャンOが住んでいたという話を聞いたのは、引っ越して間もなくのことだった。そのミュージシャンこそ小山田圭吾氏と「フリッパーズ・ギター」というユニットを組んでいた「オザケン」こと小沢健二氏だった。小沢氏のセカンドアルバム「LIFE」。1994年発売のこのアルバムに収録されている「愛し愛されて生きるのさ」のミュージックビデオは、このマンションの屋上で撮影された。そして同じく「ぼくらが旅に出る理由」では私の部屋が登場する。

小沢健二氏

 音楽関係者の間でこのマンションは「ブギー・バックマンション」の異名で知られていた。部屋の上階には「今夜はブギー・バック」で小沢氏と共演した「S」の事務所があったからだ。小沢氏はこのマンションに暮らしながらヒット曲を連発し、NHK紅白歌合戦に2年連続で出場するなど歌謡界のメジャーシーンに躍り出た。

 小山田氏が「ロッキング・オン・ジャパン」や「クイック・ジャパン」で「障がい者いじめ」を告白していたのが、ちょうどこの時期だ。

 フリッパーズ・ギターを解散後、袂を分かつことになる2人の活躍の舞台は対照的だった。日本のポップスシーンを吹っ切れたようにのし上がる小沢氏と、変わらない前衛的な音楽性を貫き、大衆に迎合することのないサブカルシーンで存在感を増す小山田氏。現在、2人の間に交流はないという。

 このマンションは非常に居心地が良く、結局、十数年暮らした。そこで私は思いも寄らぬ人脈を得る。このマンションには小山田氏と小沢氏の母校である和光学園の関係者が出入りしていたのだ。その友人の一人は、当時、和光学園で教鞭をとっていた「小沢氏の母」の教え子だった。後にこのマンションで得た人脈が生きるとは全く想定していなかった。

取材を始めた2つの理由

「コーネリアス」にも「渋谷系」にも縁のない人生を送っていた私が、この騒動を取材しようと思った理由は2つある。

 ひとつはこの事件が広まるきっかけとなった「孤立無援のブログ」というまとめサイト。このサイトを初めて目にした時から、私はこのブログの書きぶりに違和感しか抱かなかった。

 早速、私は「ロッキング・オン・ジャパン」「クイック・ジャパン」の当該誌を入手し、ブログの記述と照らし合わせてみた。すると、一見、小山田氏の当該インタビューを「引用」した風に読めるこのブログには、実は巧妙な編集が施されていることがわかった。この騒動が拡散されてゆく過程で、このサイトが世に与えた影響力は大きかった。だが、そもそもこのブログは匿名で記されており、文責が誰にあるのか分からない。この文責不明のサイトがソースになって、小山田氏の印象が決定づけられてゆく現象そのものに私は違和感を覚えたのである。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春

文春リークス
閉じる