週刊文春 電子版

ビットコインの課題を解決したFBリブラ|三木谷浩史

三木谷浩史「未来」 第19回 

三木谷 浩史
ニュース 社会 経済 国際 企業 テクノロジー マネー

 暗号化された取引データの処理や記録を分散化するブロックチェーン――この言葉を聞く時、多くの人たちがまず頭に思い浮かべるのは、暗号資産のビットコインだろう。

 僕もこの暗号資産が世の中に普及し始めた際は、「すごいものが出てきたぞ」と本当に大きな衝撃を受けたものだった。

 ビットコインはその歴史を見ると、2008年に「Satoshi Nakamoto」と名乗る人物の書いた論文から始まったとされる。

 その人物や開発経緯がどういうものかは僕には分からない。でも、誰が作ったのかも明確ではないにもかかわらず、ブロックチェーンを基幹技術とした暗号資産が確かに登場し、それが国際的な通貨として実際に広く利用され始めている――。そうした事態が現実のものになったのを見て、まさしく「新しい金(ゴールド)」が出てきたのだと思った。

 これまで「通貨」の世界において、ドルや円、ユーロといった主要通貨に対抗できるのは金(ゴールド)、あるいは一部の商品だけだった。それだけにブロックチェーンによる暗号資産の登場には、長く続いた国際金融の世界の常識を根底から覆すような可能性とインパクトを感じたのだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月11日号

文春リークス
閉じる