週刊文春 電子版

全国のミステリー通、書店員が選ぶ「2021 ミステリーベスト10」海外部門

「週刊文春」編集部
エンタメ 読書

★国内部門を見る

海外部門 第1位 著者に聞く

完璧な女性主人公を描くのは楽しかった


アンソニー・ホロヴィッツ『ヨルガオ殺人事件』
 

(アンソニー・ホロヴィッツ 1955年生まれ。『名探偵ポワロ』など人気ドラマの脚本を手掛ける。昨年、『その裁きは死』で小誌はじめミステリランキング四冠。)

ⓒ Adam Scourfield

『週刊文春』ミステリーベスト10海外部門の第1位に、4年連続で選ばれたという知らせは、私にとって大きな意味を持っています。世界最高水準のミステリーを次々と送り出している国で、こうした反応をいただけることを、心から嬉しく思います。前作『カササギ殺人事件』は独立した長編でした。ところが、映像化にあたり続編があれば予算をより調達しやすくなると言われ、考えはじめたのです。どうすれば、前作の形式(作中作をまるごと入れる)を別の形で成立させられるだろうか? と。主人公スーザンは、私の妻をはじめ周囲の強靱で頭の切れる女性たちを融合した人物です。若くはない設定であっても、年齢などその人物の魅力に何も関係なかった。スーザンという完璧な女性を描くのを、私は心から楽しみました。最終巻となる第三作は、前二作とは違った作品となりそうです。アティカス・ピュントは出てこないかもしれません。(訳・山田蘭)

 

1『ヨルガオ殺人事件 上・下』

8年前に起こった事件の手がかりが本の中に!?

作中作も楽しめる1冊

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年12月9日号

文春リークス
閉じる