週刊文春 電子版

♬さあイクんだ その顔を上げて|みうらじゅん

人生エロエロ 第467回

みうら じゅん

連載

エンタメ 芸能

 人生の3分の2はいやらしいことを考えてきた。

 そもそも関西弁で言うところの「茶でも、しばかへんけ?」とは、ナンパの際の常套句だったように思う。

 茶とは主にコーヒーのことを指したが、中には昆布茶やガラナを注文した者もいたかも知れない。

 しかし、この場合、茶はあくまで前振りで、後続する“しばかへんけ?”にその最大の目的がある。

 かと言って、何も出された茶をいきなり叩くことではない。それではコーヒーカップが割れてしまうだろうし、喫茶店の方も迷惑千万だ。

 僕の考えでは、しばくというのは“口説く”の最上級で、茶を済ませた後、ラブホに向う気満々であるということを暗に伝えているのだ。

 上京したての頃、知り合った彼女と何度かお茶をしたが、意気地がなくしばくまでには至らなかった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年1月20日号

文春リークス
閉じる