週刊文春 電子版

無料公開中

【特集】ロシア・ウクライナ情勢 気になるあの専門家の“素顔”

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 国際

 

 

 テレビや新聞、SNSでも――。今、ロシアやウクライナの「専門家」が注目を集めています。多くの日本人にとって、これまで馴染みがなかったロシアやウクライナ。わかりやすく解説してくれる専門家の存在は貴重です。

「一体、どんな人なんだろう?」

 皆さんのそんな疑問に答えるべく、週刊文春が徹底取材。気になるあの専門家の“素顔”に迫りました。

購読はこちら

  

“橋下徹の天敵”アンドリー・グレンコ “推し”は伊勢神宮と本居宣長

 

 ロシアの侵攻後、テレビ番組で橋下徹・元大阪市長と激論を交わし、話題を呼んだ人物をご存じだろうか。関西在住のウクライナ人国際政治学者、アンドリー・グレンコ氏(34)である。

 

記事を読む

 

 

「オタクに戻りたい」東野篤子教授を悩ます“家庭内紛争”

 

「もともと私は、オタクみたいな研究者なんですよ。ひっそりとマニアックなことを調べていた。それが急に、メディアに呼ばれる人になっちゃいまして……」

 そう語るのは国際政治学者で、筑波大学教授の東野篤子氏(50)だ。

 

記事を読む

 

  

小原ブラス29歳が明かす「父」「飛び級」「マツコ」

 

「ホンマは政治的な発言なんかしたくないんです。でも、ウクライナの悲惨な映像を見ていたら『関係ないし』とは言えへんし。ロシア国内でプーチンに声上げる人を増やすために、まずは在日ロシア人たちに訴えていかないと」

 こう語るのは、在日ロシア人タレントの小原(こばら)ブラス(29)だ。

 

記事を読む

 

 

侵攻を予測、プーチンはサイボーグ 中村逸郎教授の正体

 

「小泉さん、廣瀬さんで今度は私ですか(苦笑)」

 印象的な黒縁メガネとしゃがれ声でそう語るのは、筑波大学教授の中村逸郎氏(65)。今回の侵攻を予測した数少ない専門家の一人だ。

 

記事を読む

 

 

“慶応首席卒業”廣瀬陽子教授が小誌に語った反省の弁

 

「小泉悠先生の記事は仲間内でも話題でした。先生さすが〜と思っていたのですが、私にも白羽の矢が立つとは! 本当に地味な人間で、小心者なのでツイッターもやらないのに……」

「半生を聞きたい」と取材を申し込んだところ、そうはにかみながら応じたのは、慶応義塾大学総合政策学部教授の廣瀬陽子氏(49)だ。

 

記事を読む

 

 

 

NHKで解説 小泉悠が“丸の内OL”を名乗るワケ

 

 冷静な語り口でウクライナ情勢を分析し、テレビで引っ張りだこの東大先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠(ゆう)氏(39)。3月4日に3番組をハシゴ、翌々日は「NHKスペシャル」に出演した。だが彼にはテレビでは見せない素顔が――。

 

記事を読む

 

source : 週刊文春

文春リークス
閉じる