週刊文春 電子版

夏バテ予防食 「75歳の壁」私はこう越えた

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル

▶︎うどんより「冷やし蕎麦」+多量の薬味

▶︎肉がしんどい時は「タンパク質」最強トリオ

▶︎水分補給を「レモンの皮」すりおろし炭酸水で

「猛暑」という壁が、後期高齢者の前に立ちふさがっている。

 7月1日に熱中症の疑いで救急搬送された人は、都内で301人(速報値)に及んだ。年代別では80代が74人、70代が48人で、約4割を70代以上が占めている。

 済生会横浜市東部病院患者支援センター長の谷口英喜医師が警鐘を鳴らす。

高齢者は暑さに鈍感になりがちで、エアコンを使わない、厚着のまま過ごすなどの理由で、熱中症を発症するリスクが高くなる。しかも後期高齢者は慢性的に脱水状態に陥っている方が多い。それゆえ、熱中症になった場合、重症化しやすくなるといえます」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年7月14日号

文春リークス
閉じる