週刊文春 電子版

レゾンデートルの行方②

短期集中連載 ジュリーがいた

島﨑 今日子

連載

エンタメ 芸能

 オールウェイズ、エキゾティクス。ジュリーの80年代をバックで支えたのは、彼より少し年若いミュージシャンだった。進化する音楽と並走するバンドの日々。

写真=横木安良夫

 1970年代最後の秋が深まった頃、現在ヒカリエが建つ場所にあった渋谷の東急文化会館には、沢田研二の新しいアルバム「TOKIO」のでっかい垂れ幕が掛かっていた。宇宙遊泳するジュリーをイラスト風にコラージュした、早川タケジ制作のジャケットをそのままでっかくしたポスターだ。

 通りがかりにそれを目にしたのが、後にジュリーのバンドのリーダーとなり、89年からはプロデューサーを務めた吉田建である。まだ30歳だった吉田は「カッコいいなぁ。いつかああいうキラキラした世界でもやってみたいな」と心躍らせ、広告を眺めていた。

 早稲田大学卒業後にプロの道へ進み、70年代半ばから浅川マキ、泉谷しげる、中島みゆき、大瀧詠一らと仕事をしてきたベーシストは、陣営を分けるとニューミュージックの世界の住人だった。歌謡界とニューミュージック界が少しずつ溶け合っていく時期ではあったけれど、吉田には華やかな芸能界はまだ遠くにあった。そんな矢先、泉谷のマネージャーからある情報がもたらされる。

「今度、井上堯之バンドが解散するらしいよ。それで、ジュリーのバンドのオーディションがあるようだ」

 49年生まれの吉田にとって、ひとつ年上のジュリーは高校生の頃からテレビで見ていた輝くポップスターだった。彼が好きだというローリング・ストーンズの「ブラウン・シュガー」を予習して、表参道のハナエ・モリビルの裏にあった渡辺プロの東京音楽学院へ出向いた。数十人のミュージシャンが来ており、名前を呼ばれてオーディション会場へ入ってみると、ドラムとギターとキーボードがいて、「これ、弾いて」と、「勝手にしやがれ」の楽譜を渡されたのである。

 72歳の吉田が、笑いながら42年前を思い返した。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月11日号

文春リークス
閉じる