週刊文春 電子版

阿川佐和子のこの人に会いたい ゲスト・林家たい平

師匠からは一席しか教わってません。1回だけの幻の稽古っていうのも、師匠こん平らしくて、すごくいい思い出。(第1405回)

阿川 佐和子

連載

エンタメ 芸能

「笑点」のお馴染みメンバーであり、寄席はもちろん、俳優業までこなす、落語界の広報部長が登場です! 美大出身ながら落語の道へ進んだワケ、こん平師匠との思い出や古典落語へのアツい想いなどたっぷりうかがいました。

 

(はやしやたいへい 落語家。1964年生まれ。埼玉県出身。武蔵野美術大学卒業後、88年に林家こん平に入門。92年に二つ目、2000年に真打に昇進。06年より「笑点」(日本テレビ系)の正式メンバーに就任。主演映画「でくの空」が8月26日から全国順次公開。)

 

阿川 たい平さんは「笑点」でお馴染みですけど、寄席のほうはどのくらいの頻度で?

たい平 コロナがちょっと落ち着いてた頃は、新宿の末廣亭に毎日上がったりしてました。夜のトリを取ってましたんで、毎晩30分くらい、ベラベラお話をしてました。

阿川 出演者同士のネタがかぶらないようにするのが大変だそうで。

たい平 昔は、偉い師匠方のネタは、前に出る若手はやらないようにっていう不文律はありましたね。たとえば八代目桂文楽師匠の十八番は「明烏」と決まっているので、昔は誰もやらないのが当たり前だったんですけど、最近はそういうこともなくなりました。だから、楽屋に入ってネタ帳を見ると、このネタはもう出ている、あの噺も誰かがやってるって頭を抱えることが多いですよ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年8月11日号

文春リークス
閉じる