「1皿100円」終了のくら寿司 創業家が稼いだ600億円資産

THIS WEEK「経済」

森岡 英樹
ニュース 経済 企業

 回転寿司大手・くら寿司の代名詞「1皿100円」が消滅する。これまで税込みでは110円だった定番商品を、10月から115円に値上げすると発表したのだ。

「9月6日に発表した今年10月期の連結営業損益は事前の黒字予想から一転して、9億200万円の赤字に転落した。1ドル=140円台半ばに突入した急激な円安の影響です。くら寿司は原材料の6割以上を輸入に頼っていますが、この2年でマグロの仕入れ価格は約1.6倍、サーモンは約2倍になった。そこで創業以来初の価格改定に踏み切ったのです」(経済部記者)

 この危機的な状況に対し、「企業努力では乗り切れないと判断した」と語ったのが、同社を一代で築き上げた田中邦彦社長(71)だ。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2022年9月22日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる