週刊文春 電子版

園子温監督の“性加害”告発女優が自殺していた

「週刊文春」編集部

電子版ORIGINAL

PICKUP!

エンタメ 社会 芸能 テレビ・ラジオ 映画

「性被害を告発していた元女優が自ら命を断ちました」
 

 小誌記者が映画関係者からこんな訃報を聞かされたのは年が明けて間もなくのことだった。

 小誌は昨年3月から、映画界、芸能界における女優の性被害の実態を足掛け3カ月にわたって報じた。

 複数の女優たちが監督や俳優、プロデューサーから性行為を強要されていた過去を詳細に証言。業界で長年覆い隠されてきた問題に一石を投じた。

 報道後、是枝裕和氏や西川美和氏など日本を代表する映画監督らが「映画監督有志の会」を結成。「映画監督の立場を利用したあらゆる暴力に反対します」と声明文を発表し、文化庁にも要望書を提出するなど動きは広がった。

 こうしたムーブメントを起こした力は、誌面に登場し、告発した女優たちだけによるものではない。

映画監督の榊英雄氏による性加害報道を受けて、被害を告白

 報道が出た後、SNSやブログなどで自らの性被害を告白し、「#MeToo」に連帯した女優たちの存在があったからこそだ。そして、彼女もその一人だった。

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春

文春リークス
閉じる