イニエスタ選手との5年間

三木谷浩史「未来」 第97回

三木谷 浩史
ニュース 社会 メディア スポーツ

 6月6日、楽天グループのJリーグ・ヴィッセル神戸は、スペイン1部リーグを4季ぶりに制覇したFCバルセロナとの親善試合を行った。この試合は、両チームに所属したアンドレス・イニエスタ選手にとって象徴的なものとなったと思う。彼は幾つもの見せ場を作ってくれ、スタジアムに詰めかけた多くの観客を大いに沸かせてくれた。試合後、FCバルセロナ時代の盟友だったシャビ・エルナンデス監督と抱き合うシーンは、胸が熱くなるものがあった。

 そして、ヴィッセル神戸でのラストマッチとなったのが、7月1日の北海道コンサドーレ札幌戦。スタジアムには2万7630人のサポーターが駆け付けた。試合後のセレモニーでイニエスタ選手は「すべては皆さんが示してくれたリスペクトや愛情のおかげです。また会いましょう」と話し、僕は日本文化を象徴する刀をプレゼントした。

 今夏限りでの退団は、イニエスタ選手自身が悩んだ末に決めたことだった。チーム成績は好調なものの、イニエスタ選手の出場機会は限られていた。感情を表には出さなくても、今季の状況には複雑な思いがあったことだろう。その中で彼が下した決断を、僕はリスペクトしたい。

 ヴィッセル神戸にイニエスタ選手が加入したのは、今から5年前のことだった。当時スペイン代表で、世界的な大スター選手だった彼の存在は、Jリーグにとても大きなインパクトを与えることになった。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年7月20日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる