二階俊博(84)を直撃「中国さん、もっと大きくいこうよ」

“あぁ中国”この厄介な隣人

「週刊文春」編集部
ニュース 政治 中国

〈首相、二階氏に訪中要請〉

 

 8月31日、各メディアが一斉にこう報じた。党の要職から外れ、その威光に陰りが見えていた最中の突然の脚光。自民党元幹事長の二階俊博氏(84)を直撃すると――。

 今やだれもが知る二階氏と中国との関係。その始まりは初当選までさかのぼる。親交が深い作家の大下英治氏が解説する。

「二階氏は、日中国交正常化を果たした田中角栄元首相に1983年の初当選時から、薫陶を受けてきました。その後、運輸相などを歴任した奥田敬和氏のもとで外交を学んだ」

“媚中派”と呼ばれることも

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年9月14日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる