踊りつかれて 第25回

塩田 武士
エンタメ 読書

【前回までのあらすじ】瀬尾のブログで個人情報を公開された歯科医、牧村志保が自殺したという真偽不明のネットニュースが流れ、は初めて炎上を経験する。誹謗中傷を受け息苦しさを感じるとともに、いい加減な情報で自分や瀬尾を責め立てる人々の行動に疑問が湧く。自身や家族の誰かに無限の矢が突き刺さっていく姿を、想像しようとしないのはなぜなのか――。

 

 瀬尾の“犯行”によってネット時代の喫緊の課題として明らかになったのは、匿名性がもたらす「無責任の毒」の深刻さだ。瀬尾が毒を以て毒を制した結果、自らは刑事被告人になり、前科がつくことも免れないだろう。

 そして彼を弁護する奏も、自身が炎上したことによって「無責任の毒」の重大さが身に沁みたのだった。

 ホテルのロビーで打ち合わせをした後、瀬尾は東京の自宅マンションに帰った。音楽家の盟友、池田啓太からも「見張っておきます!」と冗談めかしたメールが届き、依頼人の身柄という点ではようやく一段落した。

 弁護人が調書を読めるのは、起訴後のことだ。今日の午前中、奏は京都地検を訪れ「公判部」の片隅で警察段階の「員面調書」と検察官による「検面調書」計六通に目を通した。「員面」「検面」とも同じような内容で、身上経歴、動機、犯行状況などが整理されているが、どれも奏が知っている話だった。結局、検察はウイルスに関して詰めきれなかったようだ。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年12月14日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる