昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

もうすぐ72歳 高田純次「こんな夢、語っちゃダメですか?」

高田純次「適当じゃない」インタビュー #3

2019/01/01

70歳を超えてなお「抱かれたい」ランキングに入り、その生き方に憧れを持たれるほどの高田純次さん。ロングインタビューの3回目は高田流の「老い」をテーマにお伺いしましたが、やっぱり元気です。聞き手は演劇史研究者の笹山敬輔さんです。(全3回の3回目/#2から続く)

高田純次さん「どうして72になっちゃったかなあ」

抱かれたいお年寄り、実質1位だと思ってるのよ

―― 高田さんは、もうすぐ72歳になられるんですよね。

高田 1月21日で72歳。弱っちゃいますよ。気づいたらこの年になってたって感じだね。腰の手術をしただけで、健康ではあるんだけどさ。どうして72になっちゃったかなあ。

―― 『週刊女性』の記事で、「抱かれたいお年寄りランキング2018」というのがありまして……。

高田 そうそう、そうなのよ。これはね、「お年寄り」だけ外してくれって言ってるの。

―― 高田さんは見事3位です。

高田 これは4位を話さないとダメなのよ。4位が田村正和さん。これが重要なんだよね。「えーっ、あの田村さんが4位なのに」ってなるから。1位が渡哲也さんで、2位が北大路欣也さんでしょ。2人とももう女の子やっつけたりしないだろうけど、僕は薬飲めばなんとかなるから(笑)。だから実質1位だと思ってる。

 

―― 実質1位(笑)。

高田 でも現実的にはそうはならないよなあ。抱かれたいお年寄り3位になってから、「抱いてください」って名乗り出てくれる人、ひとりも出てこないもん。だからといって、「実は3位になったんだけど、今夜どう?」とも言いにくいからね。

―― 高田さんに投票した女性の一人は「適当なことを言う面白いおじさんのイメージが強いですが、かたやシリアスな役柄や役者としてかっこいい面もあって、そのギャップがすごくいい」とコメントしています。

高田 ありがたいよねえ。

―― 38歳の鹿児島県の方のようですけど。

高田 薬飲んで、鹿児島行かなきゃな(笑)。