昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/12/13

両親への恩返しを原動力に

内外野をこなすユーティリティー選手として1軍での活躍が期待される荒木

 今年1月には、同い歳で親交のあったDeNAの梶谷隆幸と都内で初めての合同自主トレを敢行。2時間ぶっ通しでバットを振り続ける“梶谷流”の練習を日々ともにし「最初はアイツ、どんだけバット振るねんて思いましたけどね。初めて1月に手袋が破れましたよ」とボロボロの打撃用手袋とマメだらけの両手を見せてくれた。

 力をくれる人たちもいる。父・達也さん、母・正枝さんは関東で暮らすため、ほとんど試合は見に来れない。甲子園に足を運んでも、ベンチスタートで“空振り”に終わることもあった。数年前、「今年でクビになるかもしれないからユニホーム姿を見に来て」と、2軍戦に両親を呼んだことがあった。その時、父・達也さんは、血色悪く、やせこけた顔で球場に姿を見せた。「親父の顔が本当にひどくて……。自分がクビになるかもしれないと聞いて相当ショックだったんだと思いました」。だからこそ、1年でも長く……。両親への恩返しの思いも強くして今は、プレーする。

 矢野監督は就任会見で「(期待するのは)きれい事でも何でもなくて僕は全員だと思っています。今年、2軍からはい上がっていった選手も数多く見ています。どの選手にも大きな可能性があると僕は信じてます」と言い切った。荒木にもチャンスはある。もう若手とは言えなくても、一花咲かせる力と勢いはまだある。30歳の意地と底力を見たい。

遠藤礼(スポーツニッポン)

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ウィンターリーグ2018」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/9706 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(2枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー