昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/01/14

幼いときから活躍していた1998年世代

 幼くして活動を始めた芸能人が目立つのも、今年の新成人の特色といえそうだ。さくらまやは10歳のとき「史上最年少の演歌歌手」のふれこみでデビュー、すでに10年のキャリアを持つ。女優や声優として活躍する福原遥もやはり10歳で、NHK教育の子供向け料理番組のメインキャラクター「まいんちゃん」役で注目された。ダンスグループE-girlsのメンバーで女優の石井杏奈は、小学5年のときダンス大会でスカウトされ、同時期には小学生向けファッション誌『ニコ☆プチ』のモデルとしても登場した。出演ドラマ『スキャンダル弁護士 QUEEN』が先ごろ始まったほか、auのCMで怪演中の俳優・中川大志も、小学生のときからドラマに子役として出演していた。

10歳でデビューしたさくらまや(写真は11歳のとき) ©文藝春秋

 こちらは中学デビュー組だが、昨年CDデビューしたKing & Princeのメンバーである永瀬廉は、中学入学と同時に関西ジャニーズJr.として活動を開始した。平祐奈と岡本夏美は、中学2年のときから翌年度にかけて朝の子供番組『おはスタ スーパーライブ』にレギュラー出演している。

メイウェザーと戦った那須川天心

 芸能界、音楽界ではこのほか、モデル・タレントとして活躍する「みちょぱ」こと池田美優、人気上昇中のグラビアアイドルで現在各誌を飾っている小倉優香、昨年2年連続の紅白歌合戦出場を果たしたボーカルグループLittle Glee Monsterの芹奈とかれんも今年、成人式を迎える。

 スポーツ界の新成人では、昨年の平昌五輪のスノーボード・ハーフパイプで五輪2大会連続の銀メダルを獲得した平野歩夢、昨年大晦日の「RIZIN.14」での元プロボクサー・メイウェザーとの試合がまだ記憶に生々しいキックボクサー・総合格闘家の那須川天心といった名があげられる。那須川が完敗を喫したメイウェザー戦をめぐっては、両者の体格差などが指摘され、物議も醸した。当人は試合の翌日、1月1日付のインスタグラムへの投稿で、《チャンスを活かす為の努力がまだ自分には足りなかったことに気付きましたし、この敗戦を機に自分自身を改善して今年は突き進んでいこうと思います》と反省とともに抱負を述べている。

昨年大晦日にメイウェザーに敗れた那須川天心(左)