昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

第160回芥川賞 上田岳弘さん「ニムロッド」と町屋良平さん「1R1分34秒」がW受賞

 1月16日、第160回芥川龍之介賞(日本文学振興会主催)の選考会が東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、上田岳弘さん(39歳)の「ニムロッド」(群像12月号)と町屋良平さん(35歳)の「1R(いちらうんど)1分34秒」(新潮11月号)が選ばれた。上田さんは3回目、町屋さんは2回目のノミネートでの受賞となった。

©文藝春秋

《上田岳弘さんプロフィール》
 1979年生まれ。早稲田大学法学部卒業後、法人向けソリューションメーカーの立ち上げに参画し、現在同社で役員を務める。2013年「太陽」で第45回新潮新人賞を受賞してデビュー。15年「私の恋人」で第28回三島由紀夫賞を受賞。16年、GRANTA Best of Young Japanese Novelistsに選出。18年『塔と重力』で第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。

《町屋良平さんプロフィール》
 1983年生まれ。埼玉県立越ヶ谷高校卒。2016年「青が破れる」で第53回文藝賞を受賞。同年、同作を収録した『青が破れる』でデビュー。

「ニムロッド」は群像12月号、「1R1分34秒」は新潮11月号に掲載された ©文藝春秋

この記事の写真(2枚)