昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載池上彰「WEB 悪魔の辞典」

池上さんが気になる ゴーン前会長逮捕をめぐって報じられた「関係者」って誰?

【関係者によると】――池上彰「WEB 悪魔の辞典」

2019/01/31

 池上彰さんの連載「WEB 悪魔の辞典」では、政治や時事問題に関する用語を池上さん流の鋭い風刺を交えて解説します!

【関係者によると・かんけいしゃによると】

 情報源を隠すのに便利な言葉。本当にそんな人がいるのか。

【池上さんの解説】

 政治の動向を取材した記者が特ダネ記事や解説記事を書く時に「関係者によると」という表現を多用します。便利な言葉です。そもそも情報源を隠すために使われる言葉ですが、「いったい誰なんだ」と詮索されることもあるだけに、情報源をぼかすために苦労します。

 その結果、「本当にそんなことを喋った人物がいるのか」という疑惑を生むこともあります。

カルロス・ゴーン氏 ©文藝春秋

 また、日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の逮捕をめぐっては、ニュースで「関係者によると」という表現がしばしば登場しました。この関係者とは、東京地検特捜部にいるのか、日産自動車の社内にいるのか、それともカルロス・ゴーン被告の弁護士の話なのか、はっきりしない記事をよく見ます。

 しかし、「情報源を守るために匿名にする」という原則に寄りかかっていると、自分の考えを「関係者によると」と言いかねなくなってきます。

「関係者によると」という安易な表現を避けることが、“関係者”に求められています。

池上彰「WEB悪魔の辞典」のコーナーでは、池上さんの解説を聞いてみたい新用語を募集しています!

質問投稿フォーム