昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/02/13

 ソロで活動している時の福子は輝いていました。得意の英語を活かしてのホテルフロント業務、3回に渡って萬平の冤罪を晴らした情熱と行動力、塩の売り上げをピンハネした世良を見事にいなし、大物実業家から新規事業の融資までとりつける機転。どうしてインスタントラーメン開発という物語の佳境に入った途端、「萬平さん」「萬平さん」「萬平さん」のリピートになってしまったのか。

“わたし”が主語になる福子を見たい

 と、ここまで書いて、ふと脳内にあの能天気なナンバーが流れ始めました。「もらい泣き もらい笑い もらい怒り」「もらいっ恥じ どんと来い!」。そう、『まんぷく』主題歌、ドリカムの『あなたとトゥラッタッタ♪』です。

 じつは答えは最初から提示されていたのかもしれません。『まんぷく』のテーマは『あなたとトゥラッタッタ♪』なんですよね。『わたしがトゥラッタッタ♪』ではなく。この主題歌で、このドラマでフォーカスがあてられているのはつねに“あなた”。“わたし”は自分のことでは泣かないし、自分のことでは笑わない。すべて“あなた”からもらうんです。

まんぷくの制作発表記者会見 ©共同通信社

 夫婦の形はそれぞれだし、そもそもこれは物語。そこにイロイロ持ち込んでアレコレ語るのは粋じゃないかもしれませんが、安藤サクラの陽性で巧みな演技に騙されちゃいけないとも思うのです。いくら福子が萬平の発明家としての才能を信じ、自ら働いて支えることに喜びを感じているとしても、夫婦で、家族である以上、誰かひとりの犠牲の上に成り立つ関係はやっぱりおかしい。

 それにしても、年明け早々話題になったあの広告で「わたしは、私。」「時代の中心に、男も女もない。わたしは、私に生まれたことを讃えたい。」と勇ましく凛とした笑顔を見せていた安藤サクラが、夫を支えることのみに邁進する妻を演じるモヤモヤよ。せめてインスタントラーメンの流通→販売ターンに入ってからは、“わたし”が主語になる福子を見たいと切に願うばかりです。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー