昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「金属バットを使うのは日本くらい」筒香嘉智が高校野球に提言し続ける理由

「大人が守らないと子供の将来はつぶれると思います。小さい小学生がヒジや肩を痛め、酷い場合には手術をしないといけないという例も多く聞きます」

 横浜DeNAベイスターズ外野手・筒香嘉智が1月25日、日本外国特派員協会で行った記者会見の波紋は収まる気配を見せない。

筒香選手 ©文藝春秋

 筒香は現在の青少年の野球界に「勝利至上主義」が蔓延しており、子供たちの健康や、野球を楽しむ気持ちよりも、「勝つこと」が優先されていると指摘。トーナメント制の大会が故障の原因となっており、球数制限も導入すべきだと訴えた。

 また、うまくプレーができない子供たちに「指導者の罵声、暴言」が飛んでいることを自らも目の当たりにしてきた、と語っている。

大きなお金が動き、ドラマをつくる高校野球

 高校野球についても次のように意見を述べた。

「高校の部活に大きなお金が動いたり、教育の場といいながらドラマのようなことをつくるようなこともあります。新聞社が高校野球を主催していますので、(メディアの側にも)子供たちにとって良くないと思っている方はたくさんいると思いますが、高校野球の悪というか、全てを否定しているわけではありませんが、子供たちのためになっていないという思いをなかなか伝え切れていないのが現状かなと思っています」

毎年自ら少年を指導する ©共同通信社

 この筒香の直言に対し、実際に甲子園大会を主催している朝日新聞社と毎日新聞社は、翌日の紙面で「新聞社が高校野球を主催しているので伝え切れていない」という筒香の発言を報じず、主催者としての見解も示さなかった。