昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小説家が現役太夫に弟子入り!? 文楽『妹背山婦女庭訓』の吸引力

文楽・六代豊竹呂太夫×作家・大島真寿美

genre : 読書, 芸能

 本屋大賞3位の『ピエタ』、直木賞候補となった『あなたの本当の人生は』ほか、映像化された作品も多い、実力派の大島真寿美さん。3月上旬に刊行される待望の新刊『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』は、江戸時代の浄瑠璃作者・近松半二が主人公である。

六代豊竹呂太夫さん(左)と作家の大島真寿美さん ©三宅史郎/文藝春秋

「歌舞伎は好きで昔からよく観ていたけれど、浄瑠璃=文楽は……」という大島さんが、作品執筆中に出逢ったのが六代豊竹呂太夫さん。人間国宝の祖父を持ち、自らも格式ある名跡を2017年に継いだ重鎮だが、その人柄はきわめて魅力的で温かい。義太夫の稽古体験がきっかけで、ついに大島さんは、師匠へ弟子入りまで決意した。呂太夫さん曰く「声も出るようになってきて、なかなかよう頑張ってますね」。

『妹背山婦女庭訓』後半で悲劇のヒロインとなる町娘・お三輪
写真提供:国立劇場

 半二が導いたかのように、小説の核となる狂言『妹背山婦女庭訓』の通し上演も、5月に東京国立劇場で決定。98年ぶりにかかる大序の「大内の段」にはじまり、物語の最後を飾る「金殿の段」は、呂太夫師匠が太夫を勤める。政治闘争あり、忠義あり、悲恋ありと、スペクタクルな舞台を体験できる、貴重な機会チャンスをぜひ見逃しなく!

文春BOOKSの『渦』特設サイト

 

 

 

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び

大島 真寿美

文藝春秋

2019年3月11日 発売

この記事の写真(2枚)