昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

キャンドゥの「100円マウス」はどのくらい使える? 分解してみた

ダイソーの「300円マウス」との違いは?

2019/03/15

 最近の100円均一ショップ(100均)は、PCやスマホのアクセサリにも注力しており、そのラインナップの充実度は目を見張るばかりですが、ここにきて衝撃的な製品がキャンドゥから登場しました。それは光学式のホイールマウスです。

どんな安いモデルでも1000円はしていたが……

 一般的にマウスと言えば、ホイールが搭載された光学式のモデルで、数千円はするのが一般的で、どんなに安いモデルでも1000円程度はするのが普通です。しかしこのマウスは、ホイールもきちんと搭載しながら、なんと100円(税込108円)という衝撃価格です。

 平成の初め頃、ホイールすらついておらず、ボールをコロコロと転がしてポインタを動かしていた2ボタンマウスが1万円近くしたことを考えると、驚き以外の何者でもないプライスです。果たして実際にどのくらい使い物になるのでしょうか。実際に購入して確かめてみました。

キャンドゥで売られている「USB光学式マウス」。価格はなんと100円(税別)なお本稿執筆時点ではパッケージは箱型に変更されているようです  

一般的な3ボタンマウス……でも細かい動きは苦手?

 マウスとしての外観は至って普通で、ブラックを基調に、周囲はスケルトンになったデザインです。2ボタンに加えてホイールを搭載しており、ホイールのクリックボタンを合わせ、一般的に3ボタンマウスと呼ばれるタイプです。

 PCとはUSB接続で、ケーブル長は1.1m。Window 7以降、およびMac OS X 10.5以降に対応しており、解像度は800dpiと、一般的なスペックです。重量は明記されていませんが、実測では35gと、特殊な機能を搭載しない有線マウスとしては標準的な重さです。

ホイールも搭載した、ごく一般的なUSB接続の3ボタンマウスです
側面。持ちやすいように若干のくぼみがあります
上から見たところ。左右対称なので左手での操作にも対応します
裏面。上部の文字があまりはっきりしておらず、かなり使い込まれた金型のようです

 PCに接続すると本体内部のLEDが赤く点灯します。完全にオフにすることはできないようです。

 さて、マウスとしての性能ですが、高速に動かすぶんには大きな問題はないのですが、ゆっくり動かすとマウスポインタが止まったり、かと思ったら急に動き始めたりと、不安定さが目立ちます。そのため、例えばクリックしたいところの近くにマウスポインタを移動させ、そこからじわじわと距離を詰めていくといった操作が苦手です。

 またホイールのクリック感はかなり硬く、また回すたびにゴリゴリと音がします。これに加えて、透明な板や白いテーブルの上ではポインタが反応しなくなるので、外出先で使おうとした時にテーブルがガラス天板だったりすると、お手上げということになります。

「クリックしたのに反応しない」など、製品の存在意義を疑うような問題こそありませんが、家電量販店で売られている一般的なマウスに比べると、使えばすぐにその性能の差が分かるレベルです。