昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

コスプレ、マンガ、ゲーム……ヤフオクドームは日本一のエンタメ空間だった!

文春野球コラム ペナントレース2019

2019/04/07

 日本一の野球チーム、福岡ソフトバンクホークスの本拠地は日本一の野球場“ヤフオクドーム”だ! ここ10年、本拠地開催は全て現地観戦している著者だが、今年は更にリニューアルされ、開幕早々例年以上に素晴らしいベースボールパークだと思ったので、他球団のファンにも伝えたくなり、ここに自慢話として書きたくなった(笑)。

更に大きくなった外野後方のビジョン

ヤフオクドームの驚くべきリニューアルの数々

 最大収容人数を過去最大に増やし(40178人)観客動員数を更に伸ばせるようになった。外野後方にあるホークスビジョンは以前から大きいと定評があったが、更に大きくなり、4Kビジョンを採用した。これで映画『ボヘミアンラプソディ』でも観ようもんならQUEENの一員になったかのような錯覚に陥るに違いない(笑)。写真の人間の大きさと比べて欲しい。

 今までになかった驚くべきリニューアルは数えきれないほどあるので少しだけ紹介させてもらおう。今これを読んでいるほとんどの貴方はプロ野球チームのベンチに座った事が無いと思うが、ヤフオクドームのライトスタンド奥にはその欲求を満たしてくれる場所があるのだ!

本物のホークスベンチと同じ素材を採用している

 インスタ映えスポットでもあり、くつろぎ空間でもあるこのスペースは本物のホークスベンチと同じ素材を採用している為、お客さんでありながらスタンバイ気分が(待機中気分が)味わえると言うものだ(笑)。実際のベンチと同じように天井が青空になっているというのを再現してくれているのが嬉しい。

 そしてファンクラブの複数グレードの方が無料で入室出来るスポットが“FAN'S SQUARE”と言う空間だ。置いてある家具や設備もインスタ映えスポットが目白押しで、ソフトドリンクとおつまみを無料で提供してくれる。

キャッチャー防具面型の電球

 購入した自分の席があるのに居心地が良すぎて長居してしまっているファンも少なくない。しかも他球団の試合もテレビで流れているのでシーズン終盤の切迫している時期はホークス戦と同時にライバル球団をチェック出来る喜びがある。

トイレマークも個性的

野球場の領域を越えたエンターテインメントパーク

 読者のあなたは試合中にトイレに席を立ち、そのタイミングでスタンドの歓声が漏れ聞こえて来たことはないだろうか? リニューアルされたヤフオクドームならば通路の数えきれない程のビジョンに分かりやすく『HOMERUN』の文字が躍るのだ! どこまでも徹底しているじゃないかホークス!

 レフトスタンドの奥には魅惑のスポットがある。ここはプロ野球の歴史、ホークスの歴史がよく分かる場所だが今の時代はインスタ映えスポットがポイントとなる。

 野球の歴史を分かりやすく年表にするのは勿論、世の中の出来事と照らし合わせながら紹介してくれている。その時代に流行ったグッズ等も実際に展示されているのだ!

懐かしの初代ゲームボーイ

 さらには時代背景に沿ったコスプレが出来るのも魅力だ。背景は校舎の屋上だが、不良少年のツッパリがどのようなものだったかまでマネキンで再現しているのだ(笑)。もはや野球場の領域を越えているエンターテインメントパーク! すごいぞぉ!! ホークス!

ツッパリコスプレでパシャリ

 そのコスプレのすぐ近くではファミコンに夢中になる少年もいて、野球だけではない楽しみ方を提案してくれるホークスの本拠地が素敵だとは思わないか? これはビジター席からすぐの所に設置されているので他球団のファンも立ち寄って欲しい!