昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2軍落ちしたT-岡田と安達了一を見るために舞洲へ そこにあったオリックスらしさ

文春野球コラム ペナントレース2019

2019/04/13

 大変だ! 開幕早々に一大事、調子の上がらないT-岡田と安達了一が揃って2軍落ちしてしまった。まぁ、「競争」を強く意識したチーム作りを推し進める西村監督の思うところだ、それもじゅうぶん納得がいく。それに福田(周平)や西浦(颯大)、頓宮(裕真)といったフレッシュな選手達がこうも活躍を見せてしまうと、功労者だからといって特別枠で1軍に帯同させる事も難しいだろう。まして「BE AGGRESSIVE」をスローガンに戦うチームにとっては、今はグラブよりバットでの活躍に選出の比重を置いているはずだろうし。仕方がない、これはどうにも仕方がない事なのだ。

 だがいかんせん、こうまで長くバファローズに関わっている自分にとって、T-岡田と安達の活躍を見ないまま普段通りに音楽活動なんか出来るはずがない、いや日常生活にも支障が出てくるのではないか。そんなT-岡田と安達不足の日々を過ごすくらいならば見に行こうじゃないかと。T-岡田と安達の活躍を目に焼き付けて来ようじゃないかと。奮い立って今回向かったのは大阪舞洲地区。IR誘致でも最近頻繁に耳にする大阪ベイエリア舞洲。その舞洲に一昨年新設されたスタジアム「オセアンBS(バファローズ・スタジアム)舞洲」を訪れる事にした。

開幕早々に打撃不振で2軍に降格したT-岡田 ©文藝春秋

ファームをサポートする醍醐味とは?

 関西では桜満開のこの季節。しかし屋外球場での野球観戦にはいささか肌寒さも残る、そんなこの時期ならではの気候だ。プレイボールから少し遅れて到着した自分の目に飛び込んで来たもの、それはネクストバッターズサークルでタイミングを取るいつものT-岡田の姿だった。「今は我慢のしどきだぞ」と心の中で呟きながらT-岡田の打席を見守る事にした。思えば2軍スタジアムに来たのも久しぶりだ。普段は豆粒程にしか見る事ができない選手達のプレー、いや表情までもハッキリと確認する事が出来る。場内アナウンスも1軍に比べてほっこりとしていて、それはそれで心地よい。「ど平日のデーゲームによくもまぁこれだけの人間が集まれるな」とある意味で非日常を味わえるスタンドの感じも“ならでは”である。

昨年新設された「オセアンBS(バファローズ・スタジアム)舞洲」 ©DOMI

 せっかく舞洲に野球を見に来たのだからと球団にお願いしてファーム主催ゲームの話を少し聞いてみる事にした。今回快く話し相手をしてくれたのはファームスタジアムDJの浜崎剛アナ。自分が舞洲に来たかった理由、それははもちろんT-岡田と安達のプレーを見たかったのもあるのだが、実はこの浜崎アナにお会いしたいと以前から思っていたからだ。ある意味自分と似たようなジャンルかとも思える“野球場で声を使った”ファンエンターテイメント。それも主催試合の現場で大車輪の活躍をする彼から少し話を聞いてみたかったのだ。

「ファームをサポートする醍醐味ですか? やっぱりここで一緒に戦った仲間達が、京セラやほっとと言った1軍の大舞台で活躍しているのを観れる事ですよね。昨年までここで頑張っていた西浦選手や翼(榊原翼投手)が今年は1軍で活躍している。本当に嬉しい限りです」と浜崎アナは嬉しそうに口にする。

ファームスタジアムDJの浜崎剛アナ ©DOMI

「翼なんかこの前、『もう舞洲には戻りませんから』と豪語していました。会えないのは会えないで寂しいんですけどね」

 笑顔の浜崎アナからそんな言葉を聞いた時、自分には強烈に増井投手の顔が浮かんだ事は内緒にしておこう。