昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019年の楽天・松井裕樹は何が違うのか 守護神に宿る「覚悟」と「責任」

文春野球コラム ペナントレース2019

2019/05/17

 楽天イーグルスの守護神・松井裕樹選手の今シーズンは一味も二味も違う。

 疲れているであろう試合後のインタビューにも気さくに応えてくれ、時には真剣に熱い眼差しで語ってくれる。6年目・23歳のサウスポーには昨年とは明らかに違う気持ちの余裕が感じられるのだ。

 2019年の松井裕樹は一体何が違うのか? 平成最後と令和最初にインタビューさせてもらった。

一番好きなおにぎりの具は「おかか」の平成の松井裕樹選手 ©河内一朗

今年の松井裕樹は昨年までと何が違うのか

 いざ終盤マウンドに立つ若き守護神は、獣が獣に向かうような眼差しで1球1球を投げ込む。そして勝利の歓喜を迎えるのがファンにとってはたまらない瞬間である。

 しかし4月27日の千葉ロッテ戦。5−5の同点の場面、9回からマウンドを託された松井選手は井上晴哉選手に勝ち越しタイムリーを許し敗戦投手となった。翌日には頭も身体もリセットして次の試合に向かっているだろうと思ってはいたのだが、次の日の練習終わりは声を掛けなかった。

 そしてその翌日、ホームでの試合前練習後にいつものように声を掛けようとすると、松井選手の方から「昨日、気をつかって声かけなかったでしょ?」と言葉をかけてくれたのだ。ドンピシャだった。

「そんな変な気を使わなくて良いですよ!」と微笑んでくれる松井選手。変な気を使った自分が少し恥ずかしくなった。

河内「今年の球筋は昨年に比べても、だいぶキレてるように見えますが……」

松井選手「しっかりと腕も振れて体を使えていますし、昨年よりも球も速いと思います」

河内「(共同通信デジタル調べ)ストレートの空振り率が12球団トップだそうですが、そのあたりは?」

松井選手「空振りが全てじゃないですけど、それだけ裏をかけてると思いますし、予想以上のボールがいっているのかなと感じますね」

 その時、すでにリーグトップの8セーブをマークしていた松井選手は自らをそう振り返った。思い返せば昨年末に先発転向という事も報道されたが、平石監督から直接電話で、「抑えでいく」という話があったそうだ。

 その時からきっと松井選手の中でクローザーとしての「覚悟」が強く固まったに違いない。