昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「作品をなめている」 指原莉乃発言にアニメファンが反発した理由

「超楽しかったです。もう悔いはありません。ありがとうございました!」

 4月28日、卒業コンサートを行った指原莉乃(26)。笑顔にピースサインでそう叫んだ彼女は、AKB48グループを卒業後も順風満帆なのだという。

2018年紅白歌合戦のリハーサルにて ©文藝春秋

◆ ◆ ◆

 テレビ局関係者が語る。

「卒コンには、ゲスト出演などめったにしない松本人志がサプライズで登場。関係者席には各局のプロデューサーが勢ぞろいで、あたかも“指原詣で”の様相を呈していました」

 指原は『ワイドナショー』(フジテレビ系)をはじめ、9本にも上るレギュラー枠の継続も決定。他の元AKBが卒業後の仕事に苦しむ中、彼女がこれほど重用される理由は何なのか。

「『すごい立場が上の人には友達感覚で話す』と“ジジ殺し”の心得を語るほど、物怖じせず大御所の懐に入り込む。『笑っていいとも!』で共演したタモリからはトーク術のアドバイスを受け、卒業にあたっても事前に相談していた。アイドルが言及しないような話題にもズバズバ切り込んでいくスタイルを確立し、今や女版・中居正広と言える存在です」(芸能関係者)

2012年に行われた握手会での指原 ©文藝春秋

 若手アイドルのプロデューサーとしても活躍中。

「秋元康氏から直接、薫陶を受けており、今年2月には2つ目のグループを立ち上げた。こちらも“ポスト秋元康”と呼ばれるほどの手腕を見せている」(同前)

 さらに大きな仕事も舞い込んでいる。今夏公開される国民的アニメ『ワンピース』劇場版のメインキャスト、歌姫アン役だ。3月に起用が発表された際、『ワンピース』を製作するフジテレビのプロデューサーは理由をこう説明した。

〈AKB総選挙3連覇という偉業を成し遂げ、アイドル界の頂点に君臨する指原さん以外にこの役を任せられる人はいませんでした〉

 だが、この抜擢に大ブーイングが巻き起こっている。