昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

母・工藤静香が“ゴリ押し”するKoki, 父・木村拓哉の思いは?

「自分たちがどういう時代にしていくか、どういう歴史を残していくか。そういう決意を持つ勇気を“REIWA”に感じています」

 5月1日付けのスポーツニッポンで「令和」の所感を述べたのは、木村拓哉(46)と工藤静香(49)の次女、モデルのKoki,(16)。一面トップと裏面にわたる異例の大特集が組まれた。

5月1日付けのスポニチ

◆ ◆ ◆

 他紙が新天皇陛下や野球選手の話題を大きく取り上げるなか、Koki,の独占インタビューで勝負に出たのがスポニチだった。

「“スーパー10代”として取り上げられたKoki,は『日本人が持つ“美”へのリスペクトはとても素晴らしい』と持論を展開。まだデビューしたばかりの新人にトップ面を割くのは破格。三面にインタビューが掲載された矢沢永吉まで出し抜いた形で、“ゴリ押し”とも言える扱いにスポニチ内部でも賛否が割れていました」(別のスポーツ紙記者)

工藤の事務所に所属するKoki,

 Koki,がモデルとしてデビューしたのは18年5月。ファッション誌「エル・ジャポン」に謎の大型新人として登場したが、雑誌の発売前に木村と静香の次女であることを“スクープ”したのもスポニチだった。

「当初は両親の名前を伏せて活動するという設定がデビュー前に崩れてしまったが、リークしたのは他ならぬ静香サイド。古くは2000年に静香と木村が種子島に“婚前旅行”に出かけたことをいち早く報じたのもスポニチでしたが、静香は昔から同紙とズブズブの関係です」(同前)