昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

キムタクとは真逆の方針を取る静香の“セレブ志向”

 Koki,がパリのファッションショーに出演した様子を自身のインスタグラムで公開したのは、スポニチ一面の2日後だった。

「シャネルのショーでランウェイを練り歩く動画をアップ。Koki,は170センチ近い長身でスタイルも日本人離れしているが、本場のトップモデルと並ぶと、さすがに辛い。ネットでは『ひとりだけヒールの高いブーツを履いている』、『14光のコネ』などと批判的な意見も少なくなかった」(芸能関係者)

 デビュー直後から、シャネルやブルガリといった高級ブランドとコラボしてきたのは、ハイブランドを愛好する静香の戦略だ。

母の工藤静香

「ファストファッションのモデルなどからスタートすれば好感度が上がったかもしれないが、セレブ志向で無理やり高い下駄を履かせているように見えてしまうのが惜しい。一方、キムタクはKoki,の芸能活動には触らせてもらえないし、家庭内でも孤立していると言われています。SMAP解散以降、バラエティ番組やネットの無料番組でざっくばらんに振舞い、庶民派をアピールしているキムタクとは明らかに真逆の方針です」(芸能ジャーナリスト・三杉武氏)

 先のインタビューで、「お母さんはずっと強くいる。私がこれからの時代を生きていく中で一番の道しるべです」と静香への愛情を語ったKoki,。「ちょ、待てよ」と、父親が口を挟む余地は当分なさそうだ。

父の木村拓哉

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z