昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/05/24

(3)買ったものが一目でわかる「お支払いと定期購入」でリスト化

 最後に紹介するのは、インターネット上での買い物の履歴を、Gmailを使ってリスト化する機能です。正確にはGmailそのものの機能ではなく、Gmailを用いたGoogleアカウントの機能という位置づけになります。

 これはECサイトで買い物した後に届く注文履歴メールを、Gmailで受信するようにしておくと、それらに記された商品名や注文日などの情報がリスト化され、一覧で見られるようになる機能です。ECサイトだけでなく、メールで注文履歴が届くほとんどのショッピングサービスに対応します。

Googleアカウントの「お支払いと定期購入」を見ると、Gmailで受信した注文履歴のリストが見られます。知らないうちに過去数年分のリストができあがっていて驚かされます

 これを見れば、自分がどれだけ買い物をしているかが一目瞭然になるほか、届いていない品物がないかもすぐにチェックできます。どうせなら金額も一覧表示してくれれば、無駄遣いの防止になるほか、CSVファイルで出力できれば確定申告の時にも便利そうですが、いまのところはそのような機能はありません。

 最近になって存在が知られるようになったこの機能、項目を削除するには注文確認メールごと削除しなくてはいけないなど、全体的に荒削りな点が目立ちます。またGmailを使っている限り機能を無効化することができず、現段階ですでに過去数年分のデータが蓄積されていることについては、気味が悪いとの声もありますが、機能自体が便利なのは間違いありません。

項目を削除するには、Gmailに保存されている注文確認メールごと削除しなくてはいけないのがちょっと厄介です

 現時点でのリストは、以下のリンクから確認できます。Gmailを使っている人は、自分のリストがどのようになっているか、チェックしてみてはいかがでしょうか。
https://myaccount.google.com/payments-and-subscriptions

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー