昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/06/07

ハイカロリー・ハイ塩分弁当の数々

 最初にご紹介したいのが、『廣岡大志の週三焼肉弁当』(1300円)。焼肉好きの廣岡のニックネーム「週三焼肉」にちなんだネーミング。オーストラリア産の白米の上に牛肉、牛ハラミ、牛肉加工品がびっしりと敷き詰められている。別添えのタレがかなり濃厚で、白米にタレだけでも箸が進むのは間違いない。一応、申し訳程度に白菜キムチ、小松菜、インゲンも入っているけど、野菜不足は明白。「とにかく、野菜より肉!」という若者にお勧めしたい。

『廣岡大志の週三焼肉弁当』(1300円)

 チームの精神的支柱である『青木宣親のサーロインステーキ焼肉弁当』(1500円)も、廣岡同様に肉ざんまい。何しろサーロインステーキと焼肉が同時に味わえるのだ(笑)。こちらも別添えのタレが超濃厚。ちなみに、「廣岡弁当」のタレにはみりん、リンゴが含まれていて甘みを感じさせるが、「青木弁当」のタレにはワイン、にんにく、オニオンソテーが含有されていて、大人の味わいを感じさせる仕組みになっている。

『青木宣親のサーロインステーキ焼肉弁当』(1500円)

 廣岡、青木と、「コッテリ系」が続いたが、『雄平のねぎ塩牛たん弁当』(1300円)は、一転してあっさり、サッパリ風味。牛たんの名店「利久」の手になるものなので味は保証付き。ご飯はもちろん麦入り。麦飯と牛たんって、どうしてこんなに見事にマッチングするのだろう。東北高校出身の雄平にちなんで、きちんと仙台名物・笹かまぼこが絶妙な箸休めとなっている点は見逃せない。希望としては、カットレモンが添えられていれば、なおよかった。

『雄平のねぎ塩牛たん弁当』(1300円)

 食べ盛り、育ち盛りの若者には、山田『哲人のトリプルスリーそぼろ弁当』(1500円)、あるいは原樹理の『ジュリーからあげチャーハン弁当』(1300円)を推したい。「山田弁当」を食べながら、「鳥そぼろを嫌いな人っているのかな?」とふと思うほど、おいしかった。山田のバッティングフォームがプリントされたコロッケにも注目だ。「原樹理弁当」のチャーハンも美味だった。彼のファンには、ぜひ『原 樹りんごサワー』(600円)とともに食してほしい。……「ハラジュリンゴ」、まさにダジャレ系の真骨頂である!

『ジュリーからあげチャーハン弁当』(1300円)

 先に挙げた「ご当地系弁当」では、坂口智隆『グッチの牛すき焼き弁当』(1300円)をどうぞ。ガイドブックには「牛すき焼きの本場、関西出身の坂口選手をイメージしたお弁当!」と書いてある。中にはたこ焼きも1個入っていて、「なるほど、これがグッチのイメージなのだな」と思いながら食した。あるいは「ダジャレ系」では、背番号《29》である『小川泰弘の“焼”29ビビンバ弁当』(1300円)が。ガイドブックには「背番号『29』と『肉』を掛けました!」と書かれているが、そんなことは説明されずともすぐにわかる(笑)。

『グッチの牛すき焼き弁当』(1300円)
『小川泰弘の“焼”29ビビンバ弁当』(1300円)

 ここまでは、「ハイカロリー・ハイ塩分」の弁当が続いたけれど、僕を含めた衰え盛りの中高年に、ぜひおススメしたいのが、『川端慎吾のおかずいっぱいのり弁』(1300円)だ。ふたを開けると、おかずがビッシリでご飯が見えない。それもそのはず、弁当箱にのり弁を敷き詰めた上に、「これでもか!」の勢いで、全面にさまざまなおかずが載っているのである。産地は不明ながら、米は国産。おかずは塩鮭、笹かま、牛すき煮、豚炙り焼き、鶏団子揚などなど。秀逸なのが明太子! この明太子が最高で、実にご飯が進む、進む。個人的には今年の「ヤクルト選手弁当ナンバーワン」の称号を与えたい。

『川端慎吾のおかずいっぱいのり弁』(1300円)

 あと、小さなお子さんには『つば九郎つばみ弁当』(1000円)がいいかな? チキンライスにハンバーグにグラタンなどなど。ガイドブックに「子供から大人まで大人気」と書かれているように、オッサンである僕も大満足だった。

『つば九郎つばみ弁当』(1000円)

 今回、ここで紹介したのは「神宮グルメ」のごく一部。他にも、『バレンティンMISOラーメン』(980円)、村上宗隆の『村上くんのゴーゴー“55”ラーメン』(1000円)など、おススメ食品が盛りだくさん。ぜひ、今年の交流戦の観戦記念として、神宮グルメを満喫していただき、パ・リーグファンのみなさんに、「神宮球場、楽しかったな」という思い出を作ってほしいと心から願う次第だ。

パ・リーグファンのみなさんに神宮グルメを満喫していただきたい 提供/長谷川晶一

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/12152 でHITボタンを押してください。

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。