昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/07/02

福田秀平にいったい何が起きているのか

「僕は足があるし、大きな打球を打つよりもセンターから逆方向に転がすバッティングを目指していたんです。だけど、昨年のある時、チームのスコアラーさんに言われたんです。『ホークスの打者で一番良いホームランを打っているのは福ちゃんだよ。打球の角度、速度を見ると長距離砲の素質がある』って」

 目からウロコだった。

「そっか、今まで僕は自分の長所を消していたんだ。ホームランを打ってもいいんだと考えるようになりました」

 打撃練習のやり方を変えた。引っ張る打球は思いっきり高く、放物線を描くようにイメージをした。いわゆるフライボール革命だ。ただ、そればかりでは確率が上がっていかないためにセンターから逆方向へ打つ打球は低く強いライナーを打つことを心掛けている。

 スコアラー様様だなと思い、その当事者にも話を聞いてみた。すると、何とまた違う事実が判明したのである。

「僕よりも先にギータがずっと言っていました」(球団スコアラー)

『福田秀平じつはスラッガー説』の生みの親は、柳田悠岐だった。

スコアラーから「長距離砲の素質がある」と言われ考えを改めた ©文藝春秋

同学年・柳田からの金言

 福田と柳田は88年度生まれの同学年。何でも言い合える仲だ。とはいえ、ダメ出しをするというよりは、2人の中では互いを認め合っている。福田は「悠岐は僕の中で一番のファン」と公言し、柳田がとてつもないホームランを打てばロッカーで「かっこいいな」「すごいな」と声を掛ける。それに対して柳田は大体照れている。

 その柳田も、福田の打撃練習を「見て研究」(本人いわく)する中で、その隠れていた能力に気づきスコアラーに猛プッシュしたようだ。

 また、もう一つ、福田は柳田から金言を授かった。

「秀平は目付けが悪いんよ」

 ボールの目付け、つまり狙い方だ。福田は腹を立てることなく、素直にそれを聞きいれた。

「たしかに、以前の僕は漠然とボールを待っていた。今は相手投手や状況によって、きっちり自分の狙いを決めていい感じで目付けができています」

 打てる球を確実に仕留め、難しいボールは見送る。今までになかった勇気を持てたことでミスショットが減った。森福から放った満塁ホームランこそまさしくその証明だ。

「今は怪我人が多いから自分の出番があるという立場。今言えるのは、いい準備をして1試合1試合、1打席1打席に臨むことです」

 ホークスの外野陣は強打者と巧打者ぞろいだ。いくら足が速くて守備が上手くても、レギュラーでなければこの世界で多く稼いで長生きすることはできない。福田にはこれからもっと長く頑張ってほしい。それを知る周囲が背中を押してくれたのだ。

 早生まれも手伝って平成生まれ第1号のプロ野球選手である福田が、令和の時代を迎えてホームランバッターと化していくのか。プロ13年目の30歳が今さら覚醒……? などと疑うなかれ。背番号37は我々にとんでもなく規格外の夢を見せてくれるかもしれない。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/12571 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(2枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー