昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

MAX147キロ 福井大会で見た「未来の松井裕樹」

 最後は福井大会で見た丹生の玉村昇悟投手に……「未来の松井裕樹を見た!」

 この夏の福井大会は大激戦だった。今春優勝の福井工大福井、センバツで関東チャンピオンを破った啓新、昨夏代表校で春の北信越大会準優勝の敦賀気比、名門夏の福井商業、そしてこのシード4校が自分たちの山には入ってくれるなと願っていたのが、この丹生高校だったのかもしれない。

 玉村はMAX147キロのストレートを持つプロ注目のピッチャー、全国トップクラスの力がある星稜との練習試合では6回0/3を投げて被安打3失点1の好投で自信をつけていた。初戦で16奪三振、次も勝ち、準々決勝では啓新に競り勝つと、春優勝の福井工大福井には11奪三振、完封勝ちで決勝へ進出した。結果決勝戦で敦賀気比に3-0で敗れるも、内外への投げ分けがしっかりでき、特に右バッターへのインコース低めのクロスファイアーは威力抜群! 手が出ず三振するウィーラー選手が想像できる(笑)。

 結局この試合でも10個の奪三振を奪い山田修義(オリックス・バファローズ)が持つ夏の福井大会記録49個を上回る52個で新記録を樹立した。コントロールが良すぎる所が逆に仇になるくらいコントロールがいい、荒々しさが身につけば松井裕樹も夢じゃない。

 ぜひチェックしてみてくれよな!

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/12612 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(1枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー