昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/07/06

ファンが送って来たキャラクターが作中に登場

――“第3次ウルトラマンブーム”の中、人気を博したかたおか徹治作品。連載中のファンレターで印象に残っているものがあったら教えてください。

かたおか 『ウルトラマン80』(’80年)の後に『アンドロメロス』(’82年)が始まって、「別冊コロコロコミック」(小学館)を買っている男の子のお姉さんからファンレターが来ました。「こういうキャラクターを考えたので、使ってみてください」と、絵が同封されていたんです。それをしっかり使わせてもらいました。可愛い女の子キャラクターのイメルダが、その娘のデザインそのままです。これが一番最後の作品(『アンドロマルスの戦い』)なんですよ。

なんと!  ファンのお姉さんの投稿だったという、美少女キャラのイメルダ。凛とした姿
が印象に残る。採用されたお姉さんも当時、さぞや喜ばれたことだろう。 © かたおか徹治/文藝春秋  ©円谷プロ

――全シリーズ中で一番想い入れのある作品はどれでしょう?

かたおか 1巻に収録されている『決闘ウルトラ兄弟』ですね。1作目ということもありますし。一番純な気持ちというと変ですけど、それだけで描けましたし、当時の持てる力を出し切ったというか。いや、この作品はアシスタントがいないと描けないですよ。大体常時3、4人ぐらいの方に手伝っていただいていました。

電子復刻した『ウルトラ兄弟物語』をもつかたおか先生。表紙は今回のために全て描き下ろしていただいた。©文藝春秋

――最後に『ウルトラ兄弟物語』で人生を変えられた子供たち、今のシニア世代にメッセージをお願いします。

かたおか 数十年ぶりに復刻して、改めて『ウルトラ兄弟物語』自体をまたもう一度読み返して、この仕事に携わらせてもらった編集者のみなさんに感謝したいです。この作品のお陰で、色々なところで仕事が増えたこともありますし、自分でやり切ったみたいな自負心もあります。自分にとって一番大事な作品であることに間違いはないと思いますね。

 

『ウルトラ兄弟物語1 (文春デジタル漫画館)』

かたおか 徹治 (イラスト), 円谷プロ (監修)

文藝春秋

2019年7月6日 発売

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー