昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

脳科学者が分析 水卜麻美は“ハンバーグ”、加藤綾子は“千疋屋のフルーツ”、大下容子は……

結果発表「好きなアナ・嫌いなアナ」アンケート《識者コメント》編

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

中野信子さん(脳科学者)

中野信子さん

 共演したことのある方がたくさんランクインされていてうれしく思います。やはり水卜麻美アナが1位でしたか。彼女は食べ物に例えると“ハンバーグ”みたいな人。子供からお年寄りまで、みんなが大好きなメニューですよね。しかも栄養もたっぷり。彼女とは連絡をよく取り合っていて、食事にもしばしば行きます。プライベートでも変わらず明るくて、裏表のない、素直で気取らない性格の人です。頭の回転も速くて、すごく仕事が出来るのに、ひとかけらも嫌味な感じを与えない。とっさの機転が利く人で、お話ししていて面白い。本当に魅力あふれる人物です。

 有働由美子さん(50・フリー)は「あさイチ」で、女性であることによって生まれる葛藤や、普通の人なら隠して綺麗に取り繕ってしまうようなところを、あえて提示してみせることによって、多くの人の共感を得たという実績のある方です。実は日本人離れしたところをお持ちで、男性と互角に戦いたいという意志と、女性であることの面白さをどちらも追求したいというお気持ちを強く持っていらっしゃるんじゃないかと、ごく個人的には想像しています。そのパワーを感じて「有働さんの姿を見ると、私も走れそうな気がする」と勇気をもらえるような存在。例えるならば“エナジードリンク”のような人です。

 加藤綾子さん(34・フリー)は非常に美しくて、同性から見ても胸がドキドキしてしまうような輝かしい存在ですが、実は美人で損をしているところがあります。あの美しさに高い能力が隠されてしまうんです。番組を見ている人はわかると思いますが、実際、ものすごく頭のいい方です。距離感や間の取り方、切り返しの技術には非凡なものがあります。突っ込み所も見落とさず、きちっと流れに反映させて番組を面白くします。また食べ物に例えるなら“千疋屋のフルーツ”でしょうか? 高級品で普段は食べられないような高嶺の花感がありつつも、ひとたび口にしてみると「ああ、親しみのある味だ」と安心できる。加藤さんのトーク術に散りばめられた要素を学ぶと、どんな職場でもすごく役に立つと思いますよ。

 そして大下容子さん(49・テレビ朝日)。大下さんのような方が上位に選ばれていて本当にうれしいです。彼女のバランス感覚は群を抜いています。あれだけ控えめに仕事しようと心がけられていて、冠番組(「大下容子ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)を持っている。あらゆる立場の人を想定して、誰も傷つかないように振る舞う。それでいてはっと気づきのある一言をタイミングを外さずに言う。みんなを包み込む母性愛のようなものを根底にお持ちだと感じます。あと、私服がすごくオシャレ。奇抜で目立つものを着るというオシャレではなく、一見普通に見えつつもキラッとセンスの光る知的なファッションなんです。まさに大下さんの人柄のようではないでしょうか。食べ物にたとえると、大下さんは“お米”でしょうか。主食だけれど主張しすぎず、必ずそこにあってどんな食べ物もおいしくする。ものすごく高級なお寿司にもなれるし、大衆食堂の定食にもなれる、そういう方です。