昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

脳科学者が分析 水卜麻美は“ハンバーグ”、加藤綾子は“千疋屋のフルーツ”、大下容子は……

結果発表「好きなアナ・嫌いなアナ」アンケート《識者コメント》編

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ

紗倉まなさん(タレント・小説家)

紗倉まなさん

 小川彩佳さん(34・フリー)は本当に素敵な方です。私が番組中にボソッと言ったひとことも必ず拾ってくださるし、進行台本をチェックするCM中にも話しかけてくださる。本当に丁寧な方なんです。外見からはクールな印象を持たれやすいのかもしれませんが、小川アナのあたたかさや誠実さは、言葉の端々や所作から伝わってきます。「Abema Prime」(AbemaTV)は一般の方も観覧ができるのですが、放送前後にはファンの方にお礼を伝えに行くこともあって、同じ女性として憧れる部分が非常に多かったです。

副島淳さん(俳優・タレント)

副島淳さん

 加藤綾子さんは初めてご挨拶したとき、僕が緊張していたのを見抜いたのか、とてもフランクに接していただきました。報道番組「Live News it !」(フジテレビ系)で共演しているのですが、現場ではムードメーカーです。僕の出演は金曜だけですが、月曜から出演して疲れているはずの加藤アナはそんな素振りを全く見せない。報道番組なので内容が変わることがよくあるのですが、周りがピリピリしているなかで、加藤さんは「副島くん、少し固いからもっと楽にやったほうがいいよ」と和ませてくれる。番組がスタートして1、2週間経ったときに、スタッフみんなで決起集会をやったんです。加藤さんが「もっと良い番組にしていきたいので、皆さんご協力お願いします」と熱い思いを話してくださった。誰に対しても誠実な方なんです。

 木村拓也さん(46・フジテレビ)とは「Live News it !」で直接やりとりはしませんが、報道フロアで会ったときなんかに、私のアフロを「今日も素晴らしいですね」とか「ちょっと見ない間にアフロ大きくなりました?」とか気さくにいじっていただいています(笑)。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー