昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「国民の共感を得られるとは到底思えません」

「この冊子の作成者は『保守の立場から論じている』と言いたいのでしょうが、私に言わせれば、内容以前に悪意や中傷が目に付いてしまいます。(略)このような文章で広く国民の共感を得られるとは到底思えません。そもそも、いくら選挙で議席を争う相手とはいえ、野党の議員に対して挑発、罵倒、冷笑、揶揄などをするのは非常に恐ろしいことです。なぜなら、彼らの後ろにはその議員に一票を投じた国民がいるからです。野党に対するこうした言動は、そのまま野党を支持した国民に向けられることになる」

石破茂氏

 一体、この冊子は何なのか――実は作成者は明らかになっていない。「テラスプレス」なるインターネットサイトに掲載された記事に加筆修正したものだという説明書きがなされているのだが、そもそも「テラスプレス」というサイト自体、執筆者・運営元が一切明らかにされていない正体不明の存在なのだ。

いつから自民党は“変質”してしまったのか?

 石破氏が嘆息する。

「巷では、出所不明の文書のことを『怪文書』と呼びます。筆者が分からないこの冊子も、言うなれば『怪文書』の類と言われても仕方ありません。そういうものをなぜ全自民党議員が読む必要があるのでしょうか」

 さらに石破氏はこうも語る。

「かつての自民党には、多様な意見、多様な考えを大切にする伝統がありました。私はそんな懐の深い自民党を深く愛していましたし、そういう自民党に育てられました」

文藝春秋8月号

 いつから自民党は“変質”してしまったのか。石破氏の分析は、『文藝春秋』8月号に掲載された「自民党『参院選冊子』に怒りが湧いた」に掲載されている。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース