昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“京アニ火災”奇跡的に残ったイラスト

source : 週刊文春

genre : ニュース, 社会

 18日、京都市で発生した「京都アニメーション」での火災。33人が死亡する大惨事となった。火災現場となった「第1スタジオ」では、警察と消防による合同で現場検証が行われ、建物の内部を状況を調べている。

 今回の火災で、前途ある若手のアニメーターだけでなく、ベテランの監督、演出家らも被害にあったとみられている。

©吉田暁史

 火災現場の状況について、消防局の担当者が語る。

「火災直後には、3階から屋上に出る扉までのいたるころで、折り重なるように人が倒れていました。いまも現場には残渣物が多く、内部の調査が続いています」

 建物3階の窓からは、アニメーターが描いたとみられるキャラクターのイラストが確認された。

火災現場のスタジオ3階の窓から確認できたイラスト ©吉田暁史

 火を付けたと見られる青葉真司容疑者は、火傷を負って意識不明の重体となっている。

この記事の写真(2枚)

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。