昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/07/30

全員から三振を奪いたいから、変化球も投げる

 7月11日。フレッシュオールスター。場所は楽天生命パーク宮城。梅津は前日、実家で家族と食事をした。6月上旬に母は退院しており、自宅療養中だ。

「まだ会話が文章にならないので、単語と単語で何とか話す感じです」

 母にとっては名古屋へ旅立つ息子を見届けた1月以来の再会。一回り大きくなった晃大は翌日、晴れ舞台で先発する。母は必死に口を動かし、笑顔で一言だけ伝えた。

「大丈夫だから」

 楽天球団は体が不自由な母を気遣い、エレベーターで移動できる個室の客席を用意。両親や親戚が見守った。

「試合前に石橋(康太)が『全部ストレートで行きますか?』と尋ねてきました。でも、『全員から三振を奪いたいから、変化球も投げる』と伝えたんです。お祭りではなく、120%の力で攻める真剣勝負のマウンドでしたから」

 梅津は2イニングパーフェクト。見事、優秀選手賞に輝いた。翌日、再び実家へ。母は満面の笑みで出迎えた。

「すごいね」

 やっと喜びに浸れた。

「ただ、やはり1軍で投げる姿を見せたいです。母にもそうですが、それと同じくらい父にも。兄弟と母を支え続けたのは父です。母の看病をしながら、大学に通う妹の弁当を今も毎朝作っています。父は野球が大好きな人。野球を始めたきっかけも父とのキャッチボールでした」

 梅津は気を引き締めた。野球の神様はきっと好むに違いない。感謝を忘れず、攻める姿勢を貫き、常に高みを目指す若者を。次はどんな舞台を用意するのか。その日を待ちたいし、その日は近いかもしれない。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2019」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/13075 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(1枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー

文春野球コラム

中日ドラゴンズの記事一覧