昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

忘れられない夏の夜 福浦和也がマリンで見せたはじめての「WE ARE」

文春野球コラム ペナントレース2019

2019/08/08

 一軍が仙台でのビジターゲームを戦っていた8月4日の夜。本拠地・ZOZOマリンスタジアムでイースタン・リーグのイーグルス戦が行われた。観衆4200人。内野席一階はファンで埋め尽くされていた。

 夏休みのナイターであること。そして一軍の本拠地で将来を渇望される若手を見ることが出来ることなど様々な要因はあったが、一番の目的はやはり今季限りで現役を引退する福浦和也内野手兼打撃コーチの存在。ZOZOマリンスタジアムでの雄姿を一目見たいファン心理だったはずだ。そんなファンにとっては一生忘れることが出来ない溜まらない試合となった。

二軍スタッフの粋な計らい

 福浦の出番は7回裏。この回に同点に追いつくと、なおも一死満塁。「いい場面で出したい」と展開を呼んでいた今岡真訪二軍監督は満を持して代打を告げた。場内アナウンス担当は一軍で1800試合担当を記録している谷保恵美さんがこの日は特別に担当。名物となっている美声で登場がコールされると待ちわびていたファンの大歓声が響く。打席に入る際の定番の登場曲の一つであるATSUSHIの「願い」が木霊する中、ゆっくり、ゆっくりといつものルーティンで背番号「9」が打席に向かった。

 カウント3―1からイーグルス5番手・木村の外寄りのボールにバットを合わせると打球はセンター方向へと伸びていった。背走する中堅手。スタンドは総立ちで打球の行方を見守った。あわやスタンドイン。もしくは中越えを期待された打球は残念ながら外野手のグラブに収まったが犠牲フライには十分。勝ち越しの1点が入り、これが決勝点となった。ファンにしてみればこれでも十分満足だが、喜びの演出は試合後に待っていた。

「一軍の雰囲気を二軍の選手たちにも感じてもらいたい」との今岡二軍監督の意向で開催されたZOZOマリンスタジアムでの二軍ナイター。この日はさらに長谷川努二軍管理担当と相原勝幸二軍マネージャーの粋な計らいで、一軍で行われる様々なセレモニーも準備されていた。試合前にはマリンフェスタのイベント試合日では恒例となっているファンサービス(福浦はサイン会とハイタッチ)。試合後にはヒーローインタビュー、そして一軍では名物となっている試合後の「WE ARE」の演出もあった。選手が拡声器を手に「WE ARE」と叫び、これにスタンドのファンが「WE ARE」と呼応するZOZOマリンスタジアム名物の儀式。この日は外野スタンドにはファンを入れていなかったこともあり内野スタンドで行われ、当初は香月一也内野手が拡声器を手にした。