昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

モデル時代はいきなり水着姿に……女優20周年・米倉涼子が語った“2人の恩人”

44歳になった視聴率女王、ハマり役が多いワケ

2019/08/01

 女優の米倉涼子が先月1日から14日まで、ブロードウェイミュージカル『CHICAGO』で主演を務めた。米倉は2012年に同舞台の主人公ロキシー・ハート役にアジア系女優で初めて抜擢され、2017年にも再演している。3度目となる今回のブロードウェイの公演では、終演時に観客総立ちでスタンディングオベーションも起こったという(※1)。米倉の44歳の誕生日であるきょう8月1日には、大阪を皮切りに日本公演もスタートする。

44歳の誕生日を迎えた米倉涼子 ©文藝春秋

 テレビでも、この10月より人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の第6シリーズの放送が決まり、米倉扮するフリーランスの凄腕の外科医・大門未知子が2年ぶりに帰って来る。昨年は、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊(たかなし)翔子~』で、弁護士資格を剥奪されたわけありの女性が、周囲の人々を動かしながらさまざまな事件に立ち向かう姿を演じ、好評を博した。このほか、映画化もされた『交渉人~THE NEGOTIATOR~』での刑事・宇佐木玲子など、米倉にはハマり役が多い。

 米倉はまた、2004年に『黒革の手帖』で主演して以来、松本清張原作のドラマの常連でもある。清張作品では数々の悪女を演じ、女優としてブレイクするきっかけとなった。だが、今年2月に放送されたテレビ朝日開局60周年記念のスペシャルドラマ『疑惑』では、これまでとは反対に悪女と対峙する弁護士の役を演じている。今年で女優生活20周年を迎え、求められる役もこれまでとは少しずつ変わりつつあるようだ。

いきなり水着姿にさせられたモデル時代

 米倉涼子は1975年神奈川県生まれ。4歳のころからバレエを始め、のちには谷桃子バレエ団に通った。デビュー前は芸能界には興味がなく、映画を初めて観たのも高校に入ってからというほどだったが、高校在学中の1992年、国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞。これをきっかけに、まずモデルとしてデビューした。女性誌で専属モデルを務めたほか、ビールと水着のキャンペーンガールとして1年間活動したこともある。キャンペーンガールとして地方を回るなかで、いきなり水着姿にさせられたり、モデルの仕事でもっと自分を表現できないかと悩むこともあったが、のちに振り返って、この時期に精神力を鍛えられたと語っている(※2)。

 当時はビールのキャンペーンガールでもポスターなどで水着姿を披露していた時代である。そもそも、たとえ水着のキャンペーンでも、いきなり水着姿にさせるなど本来は許されないし、いまではキャンペーンガールが水着になること自体をとりやめる企業も増えたが、このころはまだそういう風潮があったのだろう。

1995年、ユニチカの水着キャンペーンガールを務めていたころ