昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019/08/03

写真のなかで世界が肯定されている

 たくさんの写真を全身に浴びるようにして観ていくと、路傍にも駅のホームにもショーケースにも赤ん坊にも、それぞれを最も美しく見せるような光がたっぷりと降り注いでいることに気づく。また、光を浴びているから当然なのだけど、モノの傍らにくっきりとした影が寄り添っているのも美しい。どの写真も、あるときある場所のほんの断片を切り取っているだけなのに、不思議なほど愛おしいものとして目に映る。ああ少なくともこれら画面のなかでは、すべてのものが肯定されているのだなという実感が湧いてくる。

 
 

 肯定感たっぷりな無数の世界の断片によって、ぐるり四方を取り囲まれるという体験は、もちろんこの上なく快いものなのだった。

撮影=伊澤絵里奈

この記事の写真(34枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー