昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小泉進次郎結婚 密着記者が語る「滝川クリステルとの2つの共通点」とは

メディア戦略としてもピンポイントの狙いを感じました

2019/08/07

 2019年8月7日、小泉進次郎衆院議員がキャスター・滝川クリステルさんとの結婚を発表した。なぜこの二人が、このタイミングで結ばれたのか。

 ノンフィクションライターの常井健一さんは、2009年の初当選以来、7回の国政選挙の全国遊説にすべて密着して“もっとも小泉進次郎を間近で観察してきた記者”。今年7月の参院選でも、「ルポ参院選2019」で進次郎氏を密着取材した常井さんが、二人の結婚について語った。

構成:「文春オンライン」編集部

首相官邸で結婚について囲み取材を受ける二人 ©時事通信社

キャスターや芸術分野、起業家から相手を選ぶんじゃないか

 第一報は青天の霹靂でしたが、お相手が滝川クリステルさんだと聞いて納得というか、想定内でした。

 私は小泉進次郎さんの選挙遊説に毎回密着していますが、小泉さんは各局のキャスターから移動中に取材を受ける機会が多い。端から見ている限りでは、大体の女性アナウンサーは前から知っている感じでした。プライベートでもお付き合いがあるんだな、という印象を受けました。滝川さんも、小泉さんを直撃取材していたことがあります。確か新横浜ではなかったでしょうか。

 結婚相手の選択肢としては、ひとことで言えば小泉ブランドに依存しない自己完結型のプロフェショナル。例えば、キャスターや芸術分野もしくは起業家から選ぶんじゃないかなと予想していました。

 現在、政治家・小泉進次郎の抱えている悩みは、大きくわけると2つあります。1つは、言葉の伝え方に対する関心です。遊説や討論の場で、いかにメッセージを伝えるのか常に苦心しています。その点、キャスターは言葉の専門家ですから、日常的に相談することもできます。ましてや滝川さんは自分よりもキャリアが長く、オリンピック誘致など国際舞台での経験も豊富です。まさにうってつけの存在だと言えます。

©常井健一

「もうスターバックスすら行けないんですよ」

 もう1つは、常に注目されている存在であるという点です。かつて密着取材の移動中にぼやいていた言葉で印象的だったのが、「もうスターバックスすら行けないんですよ」。一人でコンビニに行けない、カフェでしずかに本も読めない。振る舞いを細かくチェックされるような公人だからです。

 結婚を発表した囲み取材でも「一度も外で会ったことはない」と語っていましたが、滝川さんもまた、ある意味では小泉さん以上にプライベートで周囲の目を気にする生活を送っていた女性です。同じような境遇にあるわけですから、お互いに気が合い、人に言えない悩みまでも相談する関係だったのではないかなと推測します。