昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“余命3カ月宣告”から3年 大林宣彦81歳が今も映画を撮り続けている理由

「がん患者という肉体的な自覚症状はいまだにありません」

 第32回東京国際映画祭(10月28日~)で、新作『ラビリンスオブシネマ=海辺の映画館 キネマの玉手箱』の世界初上映を控えている大林宣彦監督(81)。実は、今から3年前の2016年8月、『花筐/HANAGATAMI』(2017年公開)のクランクイン直前に、大林監督は「ステージ4の肺がんで余命3カ月」という宣告を受けていた。それから、3年あまり――。

大林宣彦監督 ©文藝春秋

 大林監督は笑顔でこう言う。

「僕が楽天家だからか、がん患者という肉体的な自覚症状はいまだにありません。足腰が弱って移動は車いすになりましたが、それは歳のせい。身長も174センチあったのが、この3年で10センチあまり低くなった。面白いですね。昔なじみの俳優さんに会うと、皆10センチから20センチは縮んでいる。その中では僕なんかまだ“新人”です」

「闘病の話をするのはやめようと思っていた」

 自らを「非常に運がいい人間」と語る大林監督。ステージ4の肺がんも、男性の高齢者には合わないことが多いと言われていた抗がん剤のイレッサ(一般名:ゲフィチニブ)が効いて、一度は腫瘍が消えるまでになったという。耐性ができてイレッサが効かなくなってからも、薬を変えながら、今に至っている。

大林監督の予定表 ©文藝春秋

 ただ、大林監督は「闘病の話をするのはやめようと思っていた」と明かす。