昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《茨城一家殺傷》かつて釣堀を営んでいた”平和な一軒家”はなぜ狙われたのか

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会

 茨城県境町――利根川を挟み、埼玉県、千葉県との県境周辺の片田舎で惨劇は起きた。9月23日未明、同町の住宅に住む小林光則さん(48)と妻の美和さん(50)が首や顔を切られ、殺害された。中学1年の長男(13)が両足や顔を切られ重症、小学6年の次女(11)も腕に怪我をし、病院に搬送されている。大学1年の長女(21)は別の部屋にいたことから難を逃れたという。

現場となった小林家 ©共同通信社

「家は1階、2階ともに無施錠だったことから、犯人は易々と侵入できたと思われる。小林さん夫婦は2階で寝ていたところを鋭利な刃物のようなもので襲われた。次女の証言では催涙スプレーも使われたようだ。現場近くには犯人が使用したと思われる血痕がついたスリッパが捨てられ、家族以外の人物の足跡も見つかっている。室内は物色した形跡がなく、最初から家族を狙った犯行だと推測されている。子供たちは『怖くて動けなかった』と話している」(社会部記者)

 小林さん一家は約10年前、埼玉県内から境町に引っ越してきたという。

「この家はもともとお母さん(美和さん)のご実家。お爺さんが亡くなって、『お婆さん一人だと大変だから』ってこっちに越してきた。子供たちは元気によく外で遊び回っていました。お兄ちゃんは野球が好きでチームにも入っていた。

 大学生のお姉ちゃんはおとなしい感じの子で、地元の高校を卒業して、今では県外の大学まで車と電車を乗り継いで通っていた。最近は彼氏ができたようで、近所で姿を見かけたこともありました。お婆さんは最近体調を悪くなさったようで、病院に入られたそうです」(近隣住民)

殺害された小林美和さん ©文藝春秋