昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元日本ハムの今浪、鵜久森が語る、石川雅規と武田勝の共通点、相違点とは?

文春野球コラム 日本シリーズ2019

2019/10/26

 いろいろなことがあった2019(平成31/令和元)年シーズン。それぞれの場所で、それぞれの思いを胸に、苦境にあえぐスワローズナインを、人知れず温かく見つめる二人の男がいた。ヤクルトOBの今浪隆博、そして鵜久森淳志だ。かつてのチームメイトたちの奮闘を、彼らはどのように見ていたのか? そして、来季のスワローズへの提言は? 石川雅規と武田勝の共通点、相違点とは? 今浪・鵜久森対談をお届けしよう。

ヤクルトOBの鵜久森淳志氏と今浪隆博氏 ©長谷川晶一

今浪、鵜久森が語る村上宗隆のすごさ

――今季の明るい話題と言えば、村上宗隆選手に尽きると思います。お二人は村上選手について、どう見ていますか?

鵜久森 村上クンの場合は打つべき態勢に最初から入っている点がすばらしいですよね。というのも……。

今浪 (話を遮り)ほーっ、そこに気づけるのに、お前、どうしてあんなショボい選手で終わったの(笑)? 逆に聞きたいよ、逆に。村上と違ってお前の場合は、構えだけは大きくて、でもヒットが出ないとどんどんバッティングが小さくなる。まるで、(廣岡)大志みたいなタイプだったよな。

鵜久森 確かに僕はタイミングをとるのが下手でしたよ(笑)。でも、大志の場合はあれだけの恵まれたポテンシャルがあるのだから、もっと自分の身体を勉強した方がいいなと思いますね。

今浪 (あきれ顔で)ホント、お前はアホすぎるな。自分で「タイミングをとるのが下手だ」って言う選手ほど、試行錯誤しながら引き出しを増やしていけるから、実はタイミングをとるのがうまいんだから。そこに気づかない選手の方が、実はタイミングをとるのが下手なんだから。

鵜久森 ホントですか? それ、知らないです僕。それ、現役中に教えてくださいよ。

今浪 そんなに仲良くないやん、オレら(笑)。「オレはタイミングをとるのがうまい」って豪語する選手の方が、まぁ、うまくない選手は多いと思うんで。これも、メンタル的に言えば「思い込み」なんですよ。「タイミングをとるのが下手」というのは、逆に考えれば伸びしろなんですよ。「下手」っていうことは、それがなければ、いくらでも打てるようになるわけですから。

――バッティングコーチの中には「タイミングは天性のもので教えられない、直せない」と言う人もいますよね……。

今浪 それは、天性の才能で結果を残した人の発言だと思います。でも、努力でタイミングをつかんだ人はそれ以上にいると思います。村上に関しては歴史を作った男ですから、タイミングをとるのがうまいんです。鵜久森の言うように、最初から打つ態勢で構えている。それは村上の長所ですよ。

鵜久森 そうですよね、その点がすごいですよね。

今浪 そんなこと言われなくてもわかってるわ(笑)。

現役時代の鵜久森氏 ©文藝春秋

誰もがみんな廣岡大志を応援したくなる

――今、ちらっと名前が挙がった廣岡大志選手についてはどんな印象ですか? 「廣岡推し」の今浪さんとしては、今季の彼をどう見ますか?

今浪 いやいや、「今浪推し」じゃないです。「みんな推し」です。全員が大志を応援しているんですから。先日、近所の行きつけのお寿司屋さんに行ったとき、大のヤクルトファンのお客さんから「廣岡はダメだ」ってメチャクチャ聞かされましたよ。完全に期待の裏返しです。それだけみんなが期待しているんですよ。

鵜久森 大志のポテンシャルはプロから見ても頭抜けていますからね。

今浪 自分が現役のときの技術で大志のフィジカルがあったら、「もっといい選手になれていたのかな?」って思いますよ。でも、自分の肉体、自分の性格を磨きに磨いた集大成が晩年の自分だったんですよ。大志も、まだまだこれから磨きをかける時期だから、何も心配はいらないですよ。

鵜久森 僕もそう思います。みんなが心配したくなる。それが大志なんですよね。だから、周りの声に左右されずに自分のスタイルだけは崩さないでほしいです。

――今季限りで小川淳司監督、宮本慎也ヘッドコーチの退団が決まりました。お二人は両者との接点はありましたか?

今浪 僕は小川さんとはSD(シニアディレクター)時代と監督のときに接点がありましたけど、宮本さんとはグラウンドでごあいさつしたり、オフのイベントで一緒になったりした程度です。

鵜久森 僕がヤクルトに入ったときに、小川さんはSDでしたし、昨年は監督と選手という関係でした。宮本さんは元々、僕が日本ハムだった頃に松山の自主トレでお世話になりました。そして去年はヘッドと選手という関係でした。世間では「実は小川さんは調整役で、実際は宮本ヘッドが采配をしている」とか言われていましたけど、小川さんが最終的な判断をしていましたよ。宮本さんのすごいところは嫌われ役を自ら買えるところだと思います。

今浪 元々、自分に厳しいところがある方ですよね。でも、まさか2年目で退団するとは思わなかったし、とても残念ですよね。それにしても、ドリームゲームでの宮本さんのゴロのさばき方を見ていると、本当に芸術ですよ。今の現役選手と比べたら、雲泥の技術ですよ。そのレベルから見たら、今の若い選手が物足りなく見えるのもわかりますよね。