文春オンライン

source : CREA WEB

genre : ライフ, グルメ,

◆日田きこりめし[大分県 日田]

日田きこりめし 980円/寶屋(たからや) ※2019年10月1日(火)からの価格

木々の恩恵が詰まった駅弁で ギコギコ楽しい林業体験!

 

 山々に囲まれた日田(ひた)市は、古くからスギの栽培が盛んで栄えた林業の街。

 「日田きこりめし」は、日田市の森を考えるグループ「ヤブクグリ」と創業70年の老舗料理屋「寶屋(たからや)」が協力して作った、アイデア光る体験型の弁当だ。

 ご飯の上に鎮座する丸太に見立てたゴボウは、なんと日田杉でできた付属の特製ノコギリで切りながら楽しめるというユニークさ。

 さらに、シュロの皮で留めたスギのわっぱや、林業の記事が掲載された掛け紙など、山や木の恩恵がそこにはギュッと詰まっている。

 鶏の照り煮や栗、椎茸、漬物など食材もほとんどが日田産で、もちろん味へのこだわりも抜かりなし。

●販売駅
JR日田駅(駅前にある寶屋で販売)

寶屋(たからや)
所在地 大分県日田市元町13-1
電話番号 0973-24-4366
https://yabukuguri.com/

※以上すべて、価格表示は特に指定のない場合、税抜価格です。

写真=釜谷洋史

記事提供:CREA WEB

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー