昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「この印籠が目に入らぬか!」な弁当など……ビジュアル系駅弁の王者はどれ?

東日本篇

source : CREA WEB

genre : ライフ, グルメ,

 電車旅でのお楽しみのひとつがバラエティ豊かな駅弁。

 全国各地の特産品や郷土料理を味わえるのはもちろん、今回CREA WEBがセレクトしたのは、ジャケ買い、パケ買いしたくなるようなビジュアル系駅弁!

 飛騨高山の「さるぼぼ」や、新潟の「雪だるま」、水戸の「印籠」に加え、SLを忠実に模したリアル系まで、その愛らしさ完成度の高さは弁当箱コレクションをしたくなるほど魅力的ものばかり。

 これから行楽へお出かけの際は、ご当地の美味を詰め込んだ美ジュアル駅弁をぜひお供にどうぞ。

ヴィジュアル系駅弁グランプリ「西日本」篇


◆雪だるま弁当[新潟県]

雪だるま弁当 各1,000円/三新軒

真夏でも不動の人気を誇る アイドル的存在の雪だるまちゃん

 

 雪深い新潟を象徴する雪だるまを模った、愛きょうたっぷりの駅弁。

 新潟県産こしひかりで炊いたご飯の上に鶏そぼろや雪だるま型かまぼこ、椎茸煮がトッピングされ、お腹部分には山菜、鶏照焼、ミートボール、うずらの卵、チェリーなどが彩りよく盛り付けられ華やかで本格的な味わい。

 食べ終えたら貯金箱や小物入れとして活用できる弁当箱は、一番人気の白をはじめ、ブルー、ピンク、オレンジ、グリーンと全5色があり、全色集めているというファンもいるほど。

 顔部分の眉や鼻が可動式なので、色々な表情を作って遊べるユニークな仕掛けもほのぼのと楽しい。

●販売駅
JR新潟駅、JR新津駅

三新軒
所在地 新潟市秋葉区新津本町1-2-43
電話番号 0250-22-1111
http://www.ekiben.or.jp/sanshinken/